データベースエンジニアの需要の傾向

データベースの扱いを専門とするエンジニアとしての道を歩むことを決めた場合、企業に就職するとデータベースエンジニアとしての基礎を一通り学ぶ機会を早々に得られる。
その上で、データベース開発や解析といったより専門性の高い仕事を先輩社員と共に担っていくことで、一人前のエンジニアとして働けるように教育を受けていくことになる。そして、自分が教育する立場ともなって経験を積み、指導者としての力やマネジメント能力が認められると昇進の道が開かれていくだろう。

こういった企業内での王道とも言えるキャリアパスがデータベースエンジニアには開かれているが、一方で、市場でのニーズも高いことからフリーエンジニアの道を歩むことができる。
多くの企業では初期に一通りのデータベースに関する技術習得ができるという点がメリットであり、比較的早期にフリーエンジニアに転職するキャリアパスを描きやすいという特徴がある。

市場でのニーズとして社内用データベースの構築と導入がありますが、既に確立されたデータベースを持つ企業が増えたことから、この仕事は漸減傾向にある。
一方でニーズが高まっているのが解析側の仕事だ。
Webを通して得られた莫大なデータを解析してマーケティング戦略に導くことがトレンドとなっており、それを処理できるデータベースエンジニアのニーズが高まっている。こういった分野での活躍がフリーエンジニアに期待されているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です